Chromatic Orb

IZ*ONEに関する事実を記録するブログです。

CJ ENM系レーベル再編とユリの所属について

CJ ENMは傘下のレーベルの再編を遂行し、それに伴い、ユリの所属事務所に関する報道もなされてきました。ここでは、本件の経過を報道等を引用して記述します。(2021年8月16日現在)

CJ ENM系レーベルの再編 

4月20日、スポーツ京郷が単独記事としてCJ ENM系レーベルの再編について報じました。
同記事には、CJ ENMが「効率化などのために傘下レーベル再編作業を進行中」であり、それに関連して、CJ ENM傘下のStone Music Entertainmentが廃業を届け出たと書かれていました。

この報道に先立つ2月、CJ ENMは投資家向けにIR活動資料を公開しましたが、その資料の中長期戦略を説明するスライドにある「音楽レーベル」一覧に、IZ*ONEをマネージしていた事務所Swing Entertainmentが載る一方で、Stone Musicが載っていませんでした。

f:id:NASUNO_IZ:20210430022915p:plain

CJ ENMのIR資料から(2021年2月)

ユリは出身所属事務所がStone Musicで、上記報道や、それに先行して、あるTwitterアカウントが「Stone Music廃業」という部分を局部拡大してリークしたことなどから、一部WIZ*ONEの間でユリの今後の所属に不安が広がる結果となりました。

「現在整備中のレーベルから支援」

その後の4月29日、Newsenがユリの所属について、次のように報じました。

CJ ENM側は4月29日、Newsenに「元Stone Music所属だったチョ・ユリはStone Musicの廃業によってCJ ENMが現在整備中のレーベルから支援する予定だ」と明らかにした。

ポータルサイトプロファイルの更新(2021.5.25)

DAUMプロファイルは、5月20日付で、ユリの所属事務所を「WAKEONE Entertainment」に書き換えました。

f:id:NASUNO_IZ:20210521234612j:plain

조유리 - Daum 검색

またNAVERプロファイルも、5月25日までに、ユリの所属事務所を「WAKEONE Entertainment」に書き換えました。

f:id:NASUNO_IZ:20210525224939j:plain

아이즈원조유리 :: 네이버 인물검색

【追記】上記プロファイルは当初「WAKEONE Entertainment」という表記でしたが、その後、「WAKEONE」に書き改められています。

WAKEONEの本格稼働

8月3日、WAKEONEが公式Twitterと公式Instagramを正式に開設し、所属アーティストの写真を掲載しました。詳しくは以下のブログ記事をご覧ください。

nasuno-iz.hatenablog.com

同日、CJ ENMが音楽コンテンツ本部長にキム・ヒョンス元コンベンションライブ事業局長を選任し、音楽事業の未来のビジョンを示したという報道がなされました。

報道(OSEN/朝鮮日報、2021.8.3)

www.chosun.com

日本語訳(KStyle)

news.kstyle.com

この記事は、CJ ENMのレーベル統合とWAKEONEについて、以下のような説明でまとめました。

「WAKEONE」発足、メガアーティスト開発に着手

CJ ENMは、これまでの自社制作およびマネジメントレーベルのStone Musicエンターテインメント、ワンフェクトエンターテインメント、Studio Blu、OFF THE RECORDを統合して、WAKEONEを発足する。WAKEONEで事前企画、キャスティング、トレーニング、制作、マーケティング、マネジメントに至る“フル・バリューチェーン(Full Value Chain)”を構築して、優秀なアーティストをより一層体系的にサポートする。

OFF THE RECORDは、IZ*ONEのほか、fromis_9が所属していましたが、8月16日のfromis_9のPLEDISへの移籍をもって消滅しました。

nasuno-iz.hatenablog.com

また、IZ*ONEを途中から共同マネージしていたSwing Entertainmentは上記説明には含まれていません。

参考

CJ ENMのIR資料

https://www.cjem.net:433/company/ko/ir/01.jsp

(J.P. Morgan Korea Conference用の資料が当該資料)